小説版『鬼滅の刃』がJUMPjBOOK史上最速で70万部突破!

スポンサーリンク

『鬼滅の刃』(原作:吾峠呼世晴)の小説版が週刊少年ジャンプの小説レーベル・JUMPjBOOKS史上最速で累計発行部数70万部を突破した。

この数字は2019年2月刊行の『鬼滅の刃 しあわせの花』と10月刊行の『鬼滅の刃 片羽の蝶』2冊の累計の数値。

元々の累計発行部数2,500万部を売り上げ、18巻の初版が100万部の記録するほど人気の高い作品にあって、本編で描かれていないエピソードが、原作者のイラスト付きで読める小説版も同様に高い人気を誇っている。

また、原作にはないほのぼのとしたエピソードが読めるのも魅力。

スポンサーリンク

各巻あらすじ

『鬼滅の刃 しあわせの花』

立ち寄った村で婚礼に招待された炭治郎たち。
禰豆子と同じくらいの年である花嫁の艶姿を見て、炭治郎は妹の倖せを思う。
その他、鬼殺隊の本編では語られなかった出来事が明らかに。
我妻善逸がはじめて鬼を斬ったその日の出来事とは。炭治郎、善逸、伊之助の『女難の相』とは。
蝶屋敷の少女たち、アオイとカナヲのひそやかな一日の出来事とは。
そして大好評番外編「キメツ学園」のノベライズも。

『鬼滅の刃 片羽の蝶』

鬼に両親を殺された幼いカナエとしのぶを助けた悲鳴嶼。
鬼殺隊に入り、両親の仇を討ちたいと熱望する二人に、親戚のもとで娘らしい暮らしを送ることこそが幸せだと諭すが、姉妹は頑として聞き入れない。根負けした悲鳴嶼は二人にある試練を与える…。
他にも、蜜璃が恋心を封印してしまったり、お館様の命により柱全員で冨岡を笑わせようとしたり、不死川兄弟の絆の物語、さらには善逸と伊之助が宇髄との柱稽古で温泉探しに挑むなど盛りだくさんの内容でお届け!
そして大人気「キメツ学園」小説版も再び収録!

タイトルとURLをコピーしました